前へ
次へ

不動産を担保にするローンもある

ローンを利用するときは、無担保タイプと有担保タイプが選択肢になります。
今すぐに資金調達をするような状況ですとキャッシングが一般的ですが、調達まで多少日数を要してもよいという人は不動産を担保にしたローンをおすすめします。
概ね不動産価値の60~70%程度まで借入ができ、金利が低く抑えられているのが特徴です。
100%の設定がされないのは掛け目が存在するためで、不動産物件の掛け目は概ね60~70%程度となっています。
不動産の価値は常に一定ではなく、短期間で大幅に下落してしまう可能性があります。
そのため掛け目が存在しており、本来の価値よりも低い評価になってしまうわけです。
不動産担保ローンの魅力は高額な調達ができること、キャッシングとは違って総量規制の対象にはならないことです。
そのため高額の調達をしたいときに適しており、例えばローンをおまとめしたり、リフォーム資金を確保したりする状況で重宝します。
手持ちの不動産がある人は、ローンを利用するときに活用しましょう。

Page Top