前へ
次へ

台湾で部屋を借りたいあなたへ不動産事情を紹介

近年、安くて気軽に行ける国として人気の旅行先に必ず挙がる国、台湾。
親日国としてのイメージから、留学や仕事で長期滞在する人も増えています。
そんな台湾で部屋を借りるなら、どんな部屋が一般的なのか、どうやって借りるのか、台湾の不動産事情を紹介します。
台湾では一戸建ては少なく、特に都市部ではほとんどの住居がマンションです。
単身用の賃貸物件は多いのですが、日本と違うのは、間取りがキッチンなしのワンルームにお風呂とトイレが付いたシンプルなものが多いというところ。
台湾は外食文化で、一人暮らしなら自炊するよりも外で買うほうが、買い物や料理の手間もかからない上に安く済むので、一切料理をしない人も少なくないのです。
さらに、家具付きの物件が多いのも特徴の一つ。
ベッドやテーブルはもちろん、テレビや冷蔵庫などの基本的な生活家電も付いているので、すぐに生活をスタートさせることができます。
賃貸物件は、日本と同様にインターネットの物件サイトで探すのが主流です。
その場合、大家さんと直接連絡を取るので、都合さえ合えばすぐに内見でき、契約までスピーディーに進められます。
このように日本と異なるところはあるものの、共通する部分はやはりはずせない条件を決めること。
立地や清潔さ、家賃など優先順位を決めて、気になる物件はどんどん見に行きましょう。

Page Top