前へ
次へ

複数見積もりが不動産を高く売るコツ

不動産を高くするには複数見積もりが必須であり、これを相見積もりと呼んでいます。
ライバルを複数設定することにより、競争原理のテコが働くわけです。
不動産会社としては相見積もりをされると、少しでも値段を引き上げようと考えます。
自社が買取をするためには、他社よりも高い金額を提示する必要があるためです。
見積もりを1社でしか行わないと相場が見えてきませんし、何より足元を見られてしまう可能性があります。
少しでも高額で売却するためには、業界の相場を把握しておくことがポイントです。
相場は明確な定価が存在するわけではなく、各社の平均金額が価値基準となっています。
つまり各社と見積もりを受けなければ不動産の価値を正確に把握することはできません。
実際に不動産を高額で売却しているケースを見ると、複数見積もりをしていることが多いです。
逆に安く手放しているケースでは、見積もり先が1件しかない場合が目立ちます。
見積もり先が多いほど、正確な相場を知ることができます。

Page Top